風俗備忘録 -高級デリヘルって何だ!?-

江戸~平成の風俗歴史の移り変わり(レポート1)

風俗備忘録 -高級デリヘルって何だ!?-

日本一のソープ

興味本位で、日本一高い風俗ってなんだろうって疑問にぶつかりました。先ほど、ご案内したお店がデリヘル店なのに対して、風俗というカテゴリーで調べると、どうやら、ソープランドがあげられるようです。

ちなみに、インターネット調べによると、この高級ソープ店、入浴料だけで81,500円の超高級ソープ店。しかも、通常閲覧できる在籍ソープ嬢の写真などをみることが一切できません。すべてが謎につつまれた風俗店なのです。ただ、そのソープランドの利用経験者のレビューを見てみると、在籍の女性は、どの子も若くてキレイ、そして、最高のマナーを兼ね備えたハイレベルとのことです。また、こちらのお店も、完全予約制で時間厳守とのこと。お客様は神様です!

的な思想の強い日本のサービス業の中で、これだけ、制約が多いのに、利用する消費者が後をたたないなんて、やはり、そのサービスは噂のとおり極上のものなのかもしれません。だって、地方のソープなんて、へたしたら、入浴料だけで3,000円程度ってところもありますもの。3,000円でしたら、その辺でCDを一枚買うのと変わらない値段でエッチなサービスが楽しめるんですよ。それに比べたら、このソープはその値段の25倍にはなりますから、それでも、利用したいっていう何かがあるのでしょう。

最近は、値段もそうですが、デリヘルやソープなどの風俗店もある程度、法的規制の中、合法的に営業するのが主流で、お店の対応やサービスなど、一般の接客業となんら大差がないように感じるのも、長年、関東を中心とした風俗店を利用したわたしが感じる特徴かもしれません。


昔の映画なんかをみていると、風俗やデリヘルなどの性的サービスを提供する場所って、セットで必ず怖い集団が関係していますが、今は法人経営でしっかりと計画的に営業している、もはや風俗店というよりも、会社と呼べるレベルにあるのではないでしょうか。これは、風俗利用者にとってとってもいいことだと思います。